中学受験をイベントから目標に変える塾

塾に入らせたのは子供が望んだことを叶えてあげただけです。特別大きな成果を期待したわけではありませんが、子供は一生懸命取り組んでくれたと思います。最初は本人も中学受験があることと、塾に入ったというライバルに負けたくないという気持ちが塾に入りたいというきっかけだったようですが、目の前の子供はみるみる成長していったように思います。
どこに成長が見られたのかと言いますと、まず最初に変わったのは顔つきです。今までも本気で取り組んでいた中学受験だったとは思いますが、漠然としたイメージから具体的な目標へと変わり、目の前にいつか現れるイベントという感覚から、明確な乗り越えるべき壁としての認識へと変化していったその過程は外から見ても明らかにみてとれます。
また、ライバルに負けたくないという気持ちでのぞみ始めた中学受験ですが、なぜ勉強をするのかといった精神的な葛藤とも戦っていたようです。なぜやなにというのは、社会人として、また人間として子供たちの先輩である私たちもいつも自問自答することではありますが、子供にとって、長い期間哲学的に自分の精神面と向き合う機会というのは少ないと思いますので、人間的な成長を促すことができたというのも中学受験や塾の効果であったようです。